自動車学校で正しい交通知識と安全な運転技術を

自動車学校は、免許を取得しようとする人が道路交通法の勉強や運転の練習をするために通う施設で、自動車教習所とも呼ばれます。自動車学校には、大きく分けて公安委員会の指定する指定自動車教習所と、公安委員会に届け出を出して運営している届出自動車教習所の2種類があります。どちらも自動車学校として学科の授業や運転の実技練習を行う点は同じですが、指定自動車教習所は公安委員会の指定を受けて仮免許技能試験や仮免許学科試験、本免許技能試験を教習所内で行うことができます。仮免許技能試験は修了検定、本免許技能試験は卒業検定とそれぞれ呼ばれ、卒業検定の合格者には1年以内は運転免許試験場での技能試験が免除される卒業証書が発行されます。

届出自動車教習所の場合は、教習生は運転免許試験場まで行ってそれぞれの段階での試験を受ける必要がありますが、その分指定自動車教習所のように最低教習時間が設定されていないため、学科の授業数を抑えたり、技能練習の時間を減らしたりと、自分に合ったカリキュラムを組むことができ、その分教習料金を安くすることができる場合が多いです。この他に指定外自動車教習所と呼ばれる公安委員会の指導や監督を受けていない教習所もあり、主に運転練習を目的とした教習所もあります。飛び込み試験などの合格を目指してこうした教習所を利用する他、ペーパードライバーの人が練習のために利用することもあります。自動車学校、特に公安委員会指定の教習所のカリキュラムは正しい道路交通法の知識や安全運転のための運転技術を培うために考えられたものです。

参考書で学科勉強をし、数回指定外の教習所で練習して飛び込みで試験を受ければたしかに費用を安く抑えることはできますが、安全なカーライフのためにも自動車学校に通うことをお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です