敷地を有効活用する自走式立体駐車場

スーパーマーケットやオフィスビルなどの建物は外部からのアクセス性が重要となっていますが、そのようなアクセス性はバスや電車といった公共交通機関の利用だけを前提とするものではなく、マイカーの利用をも含めておくべきです。そうするとアクセス性の向上のためには十分な台数の駐車場を確保することがまずたいせつとなってきますが、立地にすぐれた都心部ほど駐車場の敷地の確保が困難なのもまた事実です。平面駐車場はただでさえ地価の高い敷地の面積の大部分を奪い去ってしまいますので、できれば過剰投資は避けたい施設のひとつといえます。かといってそのまま駐車できる台数が少ないまま放置しておくわけにもいかず、経営サイドとしては頭を抱えてしまうところです。

このような場合に最適なのが、自走式立体駐車場の活用という方法です。自走式立体駐車場であれば、これまでの平面駐車場で確保できる台数の倍近くを確保することができるため、駐車台数確保の手段としてはたいへん効率的です。また立体駐車場といえば内部にケージを設けて上下動させる構造に多額の費用がかかるのが通例ですが、自走式立体駐車場は文字通りドライバーが入庫と出庫を行う構造であり、下階と上階とをつなぐスロープがあれば事足ります。このような簡易なしくみのために費用も格段に少なくて済み、経営サイドとしての悩みの一端はそれだけでも解消することができるでしょう。

敷地の有効活用という面ですぐれた自走式立体駐車場は、これからも大きく普及が見込まれる存在です。自走式立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です