自走式立体駐車場を運営する場合のポイントについて

自走式立体駐車場は一般的な道路や駐車場と同じような感覚で利用でき、装置の内部に車両を収容する機械式と比べてエネルギー消費量が少ない傾向があります。このタイプの消費電力は約80%が照明器具が占めており、蛍光灯や電球ではなく節電効果が優れたLEDに交換するとさらにエネルギー消費量を抑えてコストを削減できます。利用状況や時間帯によって照明の数や明るさを変えたり、床や壁の表面を明るい色に塗って反射効率を高めたりするのも有効な方法です。太陽光や風力を使う発電・蓄電システムを導入するのも、コスト削減を図りつつ利便性を高めるのに役立ちます。

自走式立体駐車場は多くの車両が出入りするため、トラブルを避けるには振動や騒音の対策に一定の投資が必要となります。ヘッドライトの光が近隣住民にとって迷惑になることもあるので、早朝や深夜の利用を考慮して駐車スペースやスロープの位置を工夫することも大切です。騒音や振動、ヘッドライトの光などの対策をしっかり講じれば近隣住民とのトラブルを回避して円滑に駐車場を運営できます。一般的に自走式立体駐車場は鉄骨など無機質な素材で作られておりので、親近感の湧くイメージを演出するため緑化を進めるのもよいでしょう。

緑化を推進すると良好な都市景観を形成でき、利用者や近隣住民の快適性が増すだけでなくヒートアイランド現象の緩和にも役立ちます。積極的に緑化を行えば利用者や近隣住民、地方自治体などからの評価が高まり駐車場を運営しやすくなるというメリットもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です