配送車両をラッピングして宣伝効果を高めよう

会社や工場で配送車両を利用しているなら、そのままではなくラッピングをして広告塔として活用するのがおすすめの方法です。道路でバスや車両に社名や商品名が描かれているのをよく見かけて、特に意識しなくとも記憶に残っていることがあります。これが宣伝効果となり、ただ走っているだけで役立つので行うのがおすすめです。ポイントになるのは描く方法が大きく分けて2種類あることで、メリットとデメリットが違ってくるので適した方法を選ぶことが重要になってきます。

車体に直接描く従来の塗装は長持ちする一方、仕上がるまでに時間や手間がかかってしまいます。作業中は車両が使えなくなり、傷がついてしまうこともあるので注意が必要です。配送車両は財産であり、次に買い替える時に少しでも下取り価格を上げるためには傷がない方がよく、これも悩みになっていました。対してラッピングは特殊フィルムに文字や図柄を描き入れて、覆い被せるようにしていくので手間がかからず、傷も付かずに済みます。

費用もリーズナブルなので、最近は利用されることが多いです。配送車両にラッピングするのはメリットが大きいですが、唯一のデメリットとして長持ちがそれほどしないので、何度か行わなければいけなくなります。それでも費用は安いですし、商品の場合は定期的に新しくする必要があるので合理的といえるかもしれません。それぞれの特徴を知ることで、相応しい方法を選ぶことができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です