配送車にラッピングを施すことで走る宣伝カーにする

日本には様々な企業があり、その中には物を運んでいる所も多いと思います。お得意先の企業に品物を納品する際には宅配便を利用することもあるかもしれませんが、そのコストがかかりすぎる場合は、自社で配送車を保有することもあるでしょう。近年は企業間での品物のやり取りだけでなく、一般家庭への食品の配達のために自社で配送車を用意し使っているところもあります。例えば夕飯などのおかずになる食材やすでに調理がしてありすぐに食べられるものを家庭に届けるといったことを手掛けている所も色々あります。

さてそういった配送車を保有している場合、その車体に小さく企業名を塗装で書いていたり、まったく無地のままにしていることもあると思いますが、その状態では少々もったいないです。例えば車体全体にデザインを施して、それを見ただけでどの企業かすぐにわかるようにしておけば宣伝になります。そういった時に役立つのがラッピングです。ラッピングとは車体全体、もしくは車体の側面だけなどに塩化ビニール製のシートを貼り付けることです。

そのシートには企業名やキャッチコピー、それに自社のキャラクターがあればその写真などを印刷出来るのです。配送車全体に施せばかなり目立ちますし、宣伝効果もあるでしょう。またこのシートは剥がすことも出来るので、デザインを変えることも容易に出来ます。配送車は日々あちこちを巡ることが多いでしょうから、ラッピングをすることで走る宣伝カーになるのです。

そして歩行者やドライバーなど多くの人が目にすることになるでしょう。立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です