配送車にラッピングすることで得られるもの

配送車は、毎日お得意様の所に自社の商品を届けるのが役割です。配送ルートには、品物を購入してくれるお客様もきっといることでしょう。そんなお客様にラッピングを施すことでいいイメージを持ってもらいたいとは思いませんか。配送車のボディを大きなキャンバスだと考えればいいのです。

キャンバスがあって何も描かれていなければ、せっかくの空間を無駄にすることになります。商品の説明でも雰囲気をラッピングで描ければお客様の頭にインプットされるのは間違いありません。配送車である役割の他に広告をボディに描いた宣伝カーとしての役割もできるのです。ラッピングを全国統一にすれば、あの車の会社の名前は知っているとなります。

商品イメージにも影響してきます。また運転手にとっても社名を記載していれば安全運転を心がけることはもちろんです。もし事故を起こせば、すぐにわかってしまいます。自然に運転マナーを良くしようと思うのです。

道路と言う公共施設を走ることによって、今まで気づかなかったお客様の目が見えてくるのも成果になります。素直な評価をしてくれるお客様もいらっしゃいますし、辛辣な言葉が返ってくることもあります。両者とも関心を持ったからお客様が評価してくれたり批判したりすることになるのです。それだけお客様との距離が短くなっていることが配送業務で認識することができます。

ただ漫然と走っていた時より緊張して道ゆく人々を感じることができるようになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です