配送車にラッピングをするメリット

仕事で使う車には社名を入れたり商品の図柄を描くといったことが行われます。これらによって宣伝に使う事が出来ますが、近年は塗装やステッカーという方法ではなくカーラッピングという方法が使われています。特に配送車に使われるトラックはボディに大きな面積があるので宣伝広告をする上で、大きなメリットがありますし、またラッピングされることで、配送車を運行するドライバーにも仕事に対する意識を高めるメリットがあります。盗難のリスクも避けることが可能です。

このほか配送車にラッピングをするメリットとしては、ボディを保護する効果もあるということです。フィルムで全体を囲うことになるので、塗膜が保護されます。それにトラックを自社で導入するにしてもリースで借りるにしても、処分するさいには綺麗な状態であるほど価値が高くなります。その点でラッピングフィルムでボディを保護しておくことで有利に処分することが可能です。

このようなことから商用車などに広く使われています。またラッピングの表現力は多様で特殊なフィルムにインクジェットプリンターで印刷するのでさまざまなデザインを簡単に表現することができます。製造も簡単で短期間の使用から長期間の使用まであらゆる分野で使われています。この点で配送車にも採用されており、費用も60万円から80万円と安価で作ることができます。

また元に戻すことができるということは短期間で張り替えること可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です