面積、建築コストが抑えられる自走式立体駐車場

自走式立体駐車場とは、ショッピングモールでよく見かけるような立体駐車場で、自分で運転して車をタワー状の駐車場に駐車するものです。自走式でない場合というのは例えば車をエレベーターのような機械に乗せるもの(機械式立体駐車場)だったり、スーパーのように屋外に置く平面駐車場だったりします。駐車をするドライバー側からすると平面駐車場のほうが楽だと思いますが、平面駐車場を設置するには広大な土地が必要です。自走式立体駐車場を利用する側として、は雨の日などの天候が悪いときは駐車場から建物までの移動を屋内で済ませられるというのは便利だと感じます。

駐車場と建物が隣同士であれば移動も楽です。駐車が苦手な人も屋上に行けば、見通しも屋内よりはいいので停めやすいでしょう。逆にデメリットは上の階層に行くためにはスロープの設置が必要なので、らせん状にぐるぐる回っていくのを運転するのが好きではないという人にはデメリットかもしれません。自走式立体駐車場を設置する側のメリットとしては狭い敷地で、建築コストも抑えることができるという点です。

また平面駐車場に比べると立体駐車場のほうが収容できる車の数は多いですし、屋上以外は天候にも左右されにくいです。自走式立体駐車場にはフラットタイプ、スキップタイプ、連続傾床タイプがあり、フラットタイプが一番オーソドックスなタイプで、フラットタイプができない場合はスキップタイプが採用されることが多いようです。駐車効率に優れているのは連続傾床タイプだといわれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です