自走式立体駐車場はメリットばかりではない

自走式立体駐車場はスペースを効果的に利用することができる駐車場となっており、様々な設備を必要としないため運営効率も高いと考えられていることからメリットの多い駐車場と言われることが多いものです。一般的な立体駐車場の場合には車両を格納するためのリフトの設置が必要となるほか、そのメンテナンスのために費用がかかると言うことも少なくありません。しかも商社が複雑な場合や万が一のトラブルのために技術者を配備しなければならないことも多く、その人件費もかかるため運用コストが大きくなる危険性があります。これに対して、自走式立体駐車場は構造上の建物の安全性を確保すれば基本的に稼働部分等は無いため、メンテナンスにかかる費用も小さく抑えることができます。

そのため最近では立体駐車場と言うと自走式立体駐車場を思い浮かべる人も多くなっているのが実態です。ただし自走式立体駐車場の場合には、利用者自らが場内を運転し移動するため、その構造に充分に留意をしなければならないと言う課題があります。一般の道路と同様に構造上の安全を確保することが重要であり、また場内の事故等に対する対応も十分に考慮しておくことが必要になります。基本的には運転者本人の責任であっても、構造上問題があればその事故が多発し話題となることも少なくありません。

自走式立体駐車場を建築する際には、その観点から十分に留意をし、安全を確保するための条件を備えた設計を行うことが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です